南7条西11丁目。北海道札幌市中央区南8条西。

バス停まっぷ

南7条西11丁目

みなみ7じょうにし11ちょうめ
系統
真駒内線南54
所在地
北海道札幌市中央区南8条西
事業者
(株)じょうてつ
分類
民間バス
最寄のバス停

バス停に関して名称や位置などの誤りを発見された場合は、報告フォームよりご連絡をお願いします。

内容をご確認ください

以下の内容で送信します。

よろしければ、OKボタンを押して下さい。

対象のバス停
南7条西11丁目 系統:真駒内線南54
連絡内容

送信完了

ご連絡ありがとうございます。

頂いた内容には必ずスタッフが目を通します。個々のご意見に返信できないことを予めご了承ください。

返信が必要な場合は右上のお問い合わせフォームからご連絡ください。

周辺ガイド 周辺情報はこちらから
P5020784

都市交通の主役が鉄道ではなくバスとなっている海外の都市には、高い輸送力を求めた様々なタイプのバス車両が運行されています。日本では滅多に見ることのできない車両も普通に走っているんですよ。

日本のバスは同じようなものばかりですが私たち日本人がバスをイメージすると、誰もが全長約10m、全幅2.5m、高さ3.5mほどの四角い乗り物を思い浮かべることでしょう。事実、国内を走るバスの車両のほとんどはそのようなタイプであり、それ以外のものを見かける機会は滅多にありません。しかし、海外に目を向けると、都市交通の主役が鉄道ではなくバスとなっている国には様々なタイプのバス車両が存在します。今回...
I20kf50moicmmi

私たちの身近な公共交通機関である路線バスは、これまでも「人への優しさ」を追求して数々の進歩を遂げてきました。そしてこれからは「環境への優しさ」も追求されていくはずです。

人に優しくなった路線バス路線バスは多くの人々から日常の足として必要とされている公共交通機関です。そのため「人への優しさ」が追求され、ご高齢の方や障害を持つ方でも乗降が楽になるように車両は進化してきました。かつては床面高さ650mm以上、乗降口ステップ2段の「ツーステップバス」が当たり前だったのが、床面高さ530mm程度、乗降口ステップ1段の「ワンステップバス」となり、現在の主流は床面高さ35...
Boklsczeuxgnts

現在、新車で製造される中型および大型の路線バス車両は、そのほぼすべてが国内3社製の6車種に限られています。でも実のところ、同じ車種であっても見た目はさまざまなんですよ。

ほぼすべてが“国産車”の路線バス車両現在、日本国内を走る路線バスのほぼすべてが“国産車”となっています。製造しているメーカーは「いすゞ自動車」「日野自動車」「三菱ふそうトラック・バス」の3社で、コミュニティバスなどに用いられる小型バスではスウェーデンのオムニノーバ社やオーストリアのクセニッツ社などの“外車”も使われていますが、中型および大型の路線バス車両は国内3社製と考えて良いでしょう。

...