武蔵野市場。東京都調布市深大寺元町。

バス停まっぷ

武蔵野市場

むさしのしじょう
系統
調36ミニバス北路線
所在地
東京都調布市深大寺元町
事業者
調布市
分類
コミュニティバス
バス路線

武蔵野市場を通るバス路線

最寄駅
調布駅(1.2km) 布田駅(1.4km) 国領駅(1.7km)
最寄のバス停

バス停に関して名称や位置などの誤りを発見された場合は、報告フォームよりご連絡をお願いします。

内容をご確認ください

以下の内容で送信します。

よろしければ、OKボタンを押して下さい。

対象のバス停
武蔵野市場 系統:調36ミニバス北路線
連絡内容

送信完了

ご連絡ありがとうございます。

頂いた内容には必ずスタッフが目を通します。個々のご意見に返信できないことを予めご了承ください。

返信が必要な場合は右上のお問い合わせフォームからご連絡ください。

周辺ガイド 周辺情報はこちらから
Futta0724m

香港の街の中にいると、ひっきりなしに2階建てバスがやってきて圧倒されてしまいます。なんで香港のバスは2階建てばかりなのでしょうか?

香港のバスが2階建てである理由行ったことのある方ならご存知でしょうが、香港の路線バスはそのほとんどが2階建てのダブルデッカーです。いったいなぜなのでしょうか? 考えられる理由は2つ。ひとつは「かつてイギリスの植民地だったから」です。香港はアヘン戦争(1839年~1842年)後に大英帝国の植民地として設立され、第二次世界大戦中の日本による占領があったものの、大戦終了後は1997年までイギリスに...
Futta1695m

ミャンマーの主力な交通機関はバスですが、その半分以上は日本製の中古車両です。様々な会社のバスが日本で運行していた当時の姿のまま走っているのです。

バスマニアにはたまらない国「ミャンマー」ミャンマーは、日本のバスマニアにとって心が踊る国です。なぜなら、国中を日本の中古バスが現地の人々の主力交通機関として走り回っているからです。最近は韓国製や中国製バスの導入も増えているものの、今でも60%以上は「メイドインジャパン」のバスが使われており、そのほとんどが日本で運行していた当時の姿のまま走っていますから、バスマニアにはたまらないわけです。

...
2us9qw9yxkrduu

近鉄奈良駅を挟んで「ならまち」の北側に広がるエリアを、通称「きたまち」とい呼びます。飛鳥時代からの歴史を守りながら新しい文化も発信する“素敵な大人の街”ですよ。

大人のあなたにピッタリの素敵な街!今回は奈良市中心部の「きたまち」をご紹介します。きたまちは近鉄奈良駅を挟んで「ならまち」の北側に広がるエリア。遠く飛鳥時代の天皇の御陵や奈良時代の遺構が残りながらも、江戸時代には奈良の北の玄関口として栄え、奉行所や代官所、与力屋敷などが立ち並ぶ官庁街でもありました。どちらかというと静かな街ですが、きたまちを歩けば奈良1300年間の歴史にいたるところで出会うこ...