武蔵野市場。東京都調布市深大寺元町。

バス停まっぷ
  1. 武蔵野市場

武蔵野市場

系統
調36ミニバス北路線
所在地
東京都調布市深大寺元町
電話番号
事業者
調布市
分類
コミュニティバス
URL
バス路線

武蔵野市場を通るバス路線

最寄駅
調布駅(1.2km) 布田駅(1.4km) 国領駅(1.7km)
最寄のバス停

バス停に関して名称や位置などの誤りを発見された場合は、報告フォームよりご連絡をお願いします。

内容をご確認ください

以下の内容で送信します。

よろしければ、OKボタンを押して下さい。

対象のバス停
武蔵野市場 系統:調36ミニバス北路線
連絡内容

送信完了

ご連絡ありがとうございます。

頂いた内容には必ずスタッフが目を通します。個々のご意見に返信できないことを予めご了承ください。

返信が必要な場合は右上のお問い合わせフォームからご連絡ください。

周辺ガイド 周辺情報はこちらから
A0002 009037

現代の路線バスには車掌さんが乗っていませんから、運転士さんは運転だけでなく、それ以外の様々なところにまで気を配らなければなりません。ホント運転士さんは大変なんです。

運転士さんは運転以外にも気を配っています最近は都心の地下鉄などでもワンマン運転が増えてきましたが、基本的に電車には車掌さんが乗っています。ところが現在の路線バスで車掌さんが乗っているケースはほぼ皆無、つまりバスの運転士さんは運転だけでなく、それ以外の様々なところにまで気を配らなければなりません。私たち乗客側がほとんど気がつかないからこそ“プロの仕事”ともいえる、運転中の運転士さんの気配りポイ...
A0002 008962

朝早くから夜遅くまで運行している路線バス。1日中同じ運転士が運転しているわけはありませんが、素朴な疑問として運転士の1日の運転時間はどのぐらいなのでしょうか?

バスの運転士の勤務はシフト制路線バスは、年中無休で早朝(午前6時頃)から深夜(午後11時頃)まで休みなく運行されています。もちろん、一人の運転士がず~っと運転しているわけではありません。そんなことをしたら乗客の安全を守ることはできませんからね。そこで多くのバス会社では、運転士の勤務時間を何パターンかに分けてシフトを組み、それをローテーションさせることで運行ダイヤを維持しています。

1日の平...
5y0niz3ktepihr

沖縄の「730(ナナサンマル)バス」をご存知でしょうか。今はもうほとんど姿を消してしまいましたが、沖縄の日本復帰の象徴とも言える歴史的なバスなんです。

アメリカ統治下の沖縄は「右側通行」1945年(昭和20年)のアメリカ軍による占領から1972年(昭和47年)5月15日の本土復帰に至るまで、沖縄は27年間にわたってアメリカ合衆国の統治下に置かれました。当然この時代の沖縄は日本ではなく“アメリカ”でしたから、自動車の通行は日本本土とは反対の「右側通行」となり、路線バスも運転席は車体左側(左ハンドル)、乗降口は車体右側のアメリカ式となっていまし...