楠元町。愛知県名古屋市千種区楠元町。

バス停まっぷ

楠元町

くすもとちょう
系統
池下11号_01_on
所在地
愛知県名古屋市千種区楠元町
事業者
名古屋市
分類
コミュニティバス
バス路線

楠元町を通るバス路線

最寄駅
最寄のバス停
楠元町(0m) 城山(280m) 春里町(340m)

バス停に関して名称や位置などの誤りを発見された場合は、報告フォームよりご連絡をお願いします。

内容をご確認ください

以下の内容で送信します。

よろしければ、OKボタンを押して下さい。

対象のバス停
楠元町 系統:池下11号_01_on
連絡内容

送信完了

ご連絡ありがとうございます。

頂いた内容には必ずスタッフが目を通します。個々のご意見に返信できないことを予めご了承ください。

返信が必要な場合は右上のお問い合わせフォームからご連絡ください。

周辺ガイド 周辺情報はこちらから
Qtfkt4yeyvfyn4

中千本の山の中腹にひっそりと佇むのが「如意輪寺」です。平安時代創建の古刹ですが、ここには後醍醐天皇を始めとする南北朝時代の哀しい歴史が伝わっています。

平安時代に創建された古刹「如意輪寺」「如意輪寺(にょいりんじ)」は、金峯山寺、吉水神社などから谷を挟んだ山の中腹にひっそりと佇む古刹です。平安時代の延喜年間(901年~923年)に修験者で真言密教の僧である日蔵上人(にちぞうしょうにん)が創建したと伝えられ、本堂(如意輪堂)に祀られるご本尊は、毎年4月の7日~9日の3日間だけご開帳される秘仏の「如意輪観世音菩薩(にょいりんかんぜおんぼさつ)」...
3grcblg5rxefhq

佐保路エリアに立つ「不退寺」は平安時代の歌人である在原業平ゆかりの古寺です。業平自作と伝わる観音様が祀られ、「南都花の古寺」の別名通り、境内には美しい花々が咲き誇ります。

転害門から法華寺までを「佐保路」と呼びます東大寺の西の門である転害門(てがいもん)から、西へ向かって一直線に伸びる「一条通り」。この道は奈良時代の平城京南一条大路を引き継いだもので、法華寺付近までを「佐保路(さほじ)」と呼びます。この佐保路エリアには大伽藍を持つ巨大な寺院はありませんが、美しい仏像を間近で拝観できるひなびた古寺がいくつもあり、季節の花々に彩られながら静かな佇まいを見せています...
A0016 000310

自治体が運行に関与するコミュニティバスには、中型以下の小さな車両が用いられるのが一般的です。その理由についてお話します。

もはやポピュラーな乗り物ですよね「コミュニティバス」という言葉も随分と世間に認知されるようになりました。地域住民の移動手段を確保するために自治体などがその運行に関与するコミュニティバスは、1995年(平成7年)に東京都武蔵野市が始めた「ムーバス」の成功事例を受けて、今では全国各地の自治体で運行されるようになっています。皆さんの中でもコミュニティバスを利用した経験のある方は多いのではないでしょ...