鈴鹿市役所(滝川眼科前)。三重県鈴鹿市神戸。

バス停まっぷ

鈴鹿市役所(滝川眼科前)

すずかしやくしょたきかわがんかまえ
系統
庄内・神戸線
所在地
三重県鈴鹿市神戸
事業者
鈴鹿市
分類
コミュニティバス
バス路線

鈴鹿市役所(滝川眼科前)を通るバス路線

最寄駅
鈴鹿市駅(250m) 鈴鹿駅(0.7km) 柳駅(1.7km)

バス停に関して名称や位置などの誤りを発見された場合は、報告フォームよりご連絡をお願いします。

内容をご確認ください

以下の内容で送信します。

よろしければ、OKボタンを押して下さい。

対象のバス停
鈴鹿市役所(滝川眼科前) 系統:庄内・神戸線
連絡内容

送信完了

ご連絡ありがとうございます。

頂いた内容には必ずスタッフが目を通します。個々のご意見に返信できないことを予めご了承ください。

返信が必要な場合は右上のお問い合わせフォームからご連絡ください。

周辺ガイド 周辺情報はこちらから
A0006 000433

基本的に路線バスはすべてのバス停に停まる「各駅停車」です。では鉄道のような「特急」や「急行」はないのでしょうか。実はちゃんとあるんです。

「急行バス」は意外と走っています基本的に路線バスは乗降客がいる限り、その路線上に設定されているすべてのバス停に停るようになっています。鉄道で言えば「各駅停車」のようなものですね。そうなると素朴な疑問として「路線バスにも特急や急行があったっていいんじゃないの?」と思いませんか? 実はちゃんとあるんです。どこの路線にもあるわけではありませんが、大都市圏であれば「急行バス」は意外と走っているんです...
N1306723761

路線バスは“環境に優しい乗り物”ですが、化石燃料を使用している以上は排気ガスを大気中に放出してしまいます。そこでバス事業者とバスメーカーは様々な環境対策を車両に施しているのです。

バスは“環境に優しい乗り物”ではありますが「路線バスに乗るよりも自家用車で外出した方が快適だし楽チン!」という人は多いですよね。でも路線バスと自動車の乗車定員には大きな差がありますから、乗員一人当たりのCO2(二酸化炭素)排出量を見ると、バスの48g/kmに対して自動車は3倍以上の165g/kmにもなります。つまりバスは“環境に優しい乗り物”ということができるわけです。

しかし、路線バスも...
Poigwcxiyba41u

ハイブリッドやCNGなどの低公害バス車両はコストの問題もあって、その導入は大都市部が先行しています。しかし、豊かな自然を持つ地方部でも低公害バス車両の導入が進んできています。

大気汚染を防ぎ環境を保護する「低公害バス」人々の日常の足として一日中走り続ける公共交通であるだけに、路線バスは排気ガスに含まれる有害物質を抑えて大気汚染を防いでいかなければなりません。そのために最近導入されているのが低公害バス車両であり、その代表となるのが圧縮天然ガスを燃料として黒煙を排出しない「CNGバス」と、電気モーターとエンジンがサポート関係にある「ハイブリッドバス」です。

低公害バ...