横町入口。青森県弘前市和徳町。

バス停まっぷ

横町入口

よこちょういりぐち
系統
ためのぶ号 69
所在地
青森県弘前市和徳町
事業者
弘南バス(株)
分類
民間バス
最寄駅
最寄のバス停

バス停に関して名称や位置などの誤りを発見された場合は、報告フォームよりご連絡をお願いします。

内容をご確認ください

以下の内容で送信します。

よろしければ、OKボタンを押して下さい。

対象のバス停
横町入口 系統:ためのぶ号 69
連絡内容

送信完了

ご連絡ありがとうございます。

頂いた内容には必ずスタッフが目を通します。個々のご意見に返信できないことを予めご了承ください。

返信が必要な場合は右上のお問い合わせフォームからご連絡ください。

周辺ガイド 周辺情報はこちらから
A1180 013965

海外と日本では文化や法律、習慣、治安状態などに大きな違いがあります。海外でバスを利用する際には、その部分に十分に注意を払いましょう。「郷に入れば郷に従え」ですからね。

バスはその国の人々の“日常の足”ですから世界的に見てみると日本のように鉄道が国内全土に整備された国は意外と少なく、大半の地域はバスが移動手段の主役となっています。バスは鉄道のように線路を敷く必要がなく、道路さえあれば運行可能ですからね。そのため海外に行った際に現地の長距離バスや路線バスを利用すると、その国のすみずみまで安価に移動することができ、人々の息づかいまで肌で感じることができるでしょう...
3grcblg5rxefhq

佐保路エリアに立つ「不退寺」は平安時代の歌人である在原業平ゆかりの古寺です。業平自作と伝わる観音様が祀られ、「南都花の古寺」の別名通り、境内には美しい花々が咲き誇ります。

転害門から法華寺までを「佐保路」と呼びます東大寺の西の門である転害門(てがいもん)から、西へ向かって一直線に伸びる「一条通り」。この道は奈良時代の平城京南一条大路を引き継いだもので、法華寺付近までを「佐保路(さほじ)」と呼びます。この佐保路エリアには大伽藍を持つ巨大な寺院はありませんが、美しい仏像を間近で拝観できるひなびた古寺がいくつもあり、季節の花々に彩られながら静かな佇まいを見せています...
Eb2dbojxzud1yg

今から1400年前に日本の政治と文化の中心地だった飛鳥の地からは、古代ロマンあふれる遺構や遺物が発掘されます。そのような貴重な遺産を保存し、展示、解説しているのが「飛鳥資料館」です。

飛鳥の地には貴重な古代遺産が眠っている593年に推古天皇が明日香村豊浦の向原寺付近にあったとされる豊浦宮で即位し、694年に橿原市醍醐町付近の藤原京に遷都されるまでの約100年間、飛鳥(明日香村)の地には天皇の宮殿や豪族の邸宅などが置かれました。飛鳥が日本の政治と文化の中心地となり、国家としての日本がここから動き始めたのです。この時代は朝鮮半島の百済や高句麗を経由して中国大陸の隋や唐、さらに...