茶屋町公民館前。岡山県倉敷市茶屋町。

バス停まっぷ

茶屋町公民館前

ちゃやまちこうみんかんまえ
系統
茶屋町・イオンモール倉敷線
所在地
岡山県倉敷市茶屋町
事業者
下津井電鉄(株)
分類
民間バス
バス路線

茶屋町公民館前を通るバス路線

最寄駅
茶屋町駅(340m) 久々原駅(1.4km)
最寄のバス停

バス停に関して名称や位置などの誤りを発見された場合は、報告フォームよりご連絡をお願いします。

内容をご確認ください

以下の内容で送信します。

よろしければ、OKボタンを押して下さい。

対象のバス停
茶屋町公民館前 系統:茶屋町・イオンモール倉敷線
連絡内容

送信完了

ご連絡ありがとうございます。

頂いた内容には必ずスタッフが目を通します。個々のご意見に返信できないことを予めご了承ください。

返信が必要な場合は右上のお問い合わせフォームからご連絡ください。

周辺ガイド 周辺情報はこちらから
P5020784

都市交通の主役が鉄道ではなくバスとなっている海外の都市には、高い輸送力を求めた様々なタイプのバス車両が運行されています。日本では滅多に見ることのできない車両も普通に走っているんですよ。

日本のバスは同じようなものばかりですが私たち日本人がバスをイメージすると、誰もが全長約10m、全幅2.5m、高さ3.5mほどの四角い乗り物を思い浮かべることでしょう。事実、国内を走るバスの車両のほとんどはそのようなタイプであり、それ以外のものを見かける機会は滅多にありません。しかし、海外に目を向けると、都市交通の主役が鉄道ではなくバスとなっている国には様々なタイプのバス車両が存在します。今回...
Lmp5cayfppaiqk

昔も今も深夜という非有効時間帯を利用した都市間移動を求める需要は少なからずあります。かつては「夜行列車」がそのニーズに応えていましたが、現在の主役は「夜行バス」なのです。

夜汽車に乗って全国を移動した時代もありましたかつて深夜という非有効時間帯を利用した都市間移動に利用される交通機関は「夜行列車」でした。現在のJRが日本国有鉄道(国鉄)と呼ばれていた頃は日本全国に夜行列車が走り、寝台車を主体とした寝台特急や座席車両主体の急行などが、ごく普通に運行されていたのです。「寝台列車に乗って修学旅行に行ったな~」なんて青春の想い出を持つオールドタイマーの方もきっと多いこ...
I20kf50moicmmi

私たちの身近な公共交通機関である路線バスは、これまでも「人への優しさ」を追求して数々の進歩を遂げてきました。そしてこれからは「環境への優しさ」も追求されていくはずです。

人に優しくなった路線バス路線バスは多くの人々から日常の足として必要とされている公共交通機関です。そのため「人への優しさ」が追求され、ご高齢の方や障害を持つ方でも乗降が楽になるように車両は進化してきました。かつては床面高さ650mm以上、乗降口ステップ2段の「ツーステップバス」が当たり前だったのが、床面高さ530mm程度、乗降口ステップ1段の「ワンステップバス」となり、現在の主流は床面高さ35...