小畠。広島県神石郡神石高原町小畠。

バス停まっぷ

小畠

系統
福山駅前発 郊外線 西廻り油木線
所在地
広島県神石郡神石高原町小畠
事業者
(株)中国バス
分類
民間バス
最寄駅
最寄のバス停

バス停に関して名称や位置などの誤りを発見された場合は、報告フォームよりご連絡をお願いします。

内容をご確認ください

以下の内容で送信します。

よろしければ、OKボタンを押して下さい。

対象のバス停
小畠 系統:福山駅前発 郊外線 西廻り油木線
連絡内容

送信完了

ご連絡ありがとうございます。

頂いた内容には必ずスタッフが目を通します。個々のご意見に返信できないことを予めご了承ください。

返信が必要な場合は右上のお問い合わせフォームからご連絡ください。

周辺ガイド 周辺情報はこちらから
F42d36927aec73bcc7ed0d29f110f614 s

本当かどうか定かではありませんが、普通の乗用車であれば「10万km走ったら寿命」などと言われます。では、バスの寿命はどれくらいなのでしょうか?

バスの寿命=搭載されているエンジンの寿命今回は「バスの寿命」についてのお話です。乗客の安全を守るためにこまめな点検と整備が施されるバスであっても、やはりいつしか寿命が尽きます。もちろんバスは部品の集まりですから、壊れた部品を新しいものに交換すれば、いつまでも性能は維持できます。

問題は、エンジンを構成している部品が壊れた時ですね。ここはブレーキパッドやバッテリーなどの消耗品を交換するのとは...
A1180 012436

地球温暖化や大気汚染を防ぐために、バスにも「低公害車」の導入が進められています。その中でも“究極のクリーンエネルギー車”と言われているのが「燃料電池バス」です。

地球環境を守る「低公害車」の開発現代は世界的に地球環境への保全意識が高まっている時代であり、自動車も一酸化炭素や二酸化炭素、窒素酸化物などの大気汚染物質の排出が少ない「低公害車(エコカー)」の開発が進んでいます。

もちろんバスも例外ではなく、主流を占めているでディーゼルエンジンのクリーン化を始めとして、エンジンをモーターがアシストする「ハイブリッドバス」、燃料を軽油ではなく圧縮天然ガスを使...
Gygls2pmbbhx7r

路線バスでも観光バスでも、バスといったら大きいのが当たり前!というイメージがあります。でもここ最近は小さなサイズのバスが増えてきているんですよ。

バスは大きいのが当たり前?皆さんは「バス」と言われたら、どのような大きさの車両をイメージされるでしょうか。おそらく一般的な路線バスや観光バスで使われている「全長9m以上/乗車定員50名以上の大型バス」が頭に浮かんでくるのではないかと思います。やはりバスは大きいのが当たり前ですよね。特に大都市においてはバスは大型が主流となっています。

ところが最近になって目立つのは、「全長9m未満8m以上/...