盛岡視覚支援学校前。岩手県盛岡市北山。

バス停まっぷ

盛岡視覚支援学校前

もりおかしかくしえんがっこうまえ
系統
217
所在地
岩手県盛岡市北山
事業者
岩手県交通(株)
分類
民間バス
バス路線

盛岡視覚支援学校前を通るバス路線

最寄駅
上盛岡駅(270m) 盛岡駅(1.7km) 山岸駅(1.8km)
最寄のバス停

バス停に関して名称や位置などの誤りを発見された場合は、報告フォームよりご連絡をお願いします。

内容をご確認ください

以下の内容で送信します。

よろしければ、OKボタンを押して下さい。

対象のバス停
盛岡視覚支援学校前 系統:217
連絡内容

送信完了

ご連絡ありがとうございます。

頂いた内容には必ずスタッフが目を通します。個々のご意見に返信できないことを予めご了承ください。

返信が必要な場合は右上のお問い合わせフォームからご連絡ください。

周辺ガイド 周辺情報はこちらから
A0006 000433

私たちが“日常の足”として街の中で利用する「路線バス」。でもそれだけが路線バスの全てではないのです。今回は路線バスの定義について確認してみましょう。

路線バスといったら“日常の足”ですよね「路線バス」と聞くと、皆さんはどんなものを思い浮かべますか? おそらく誰もがイメージするのは「一般道路を事前に定められたルート(路線)に従って、これまた事前に設けられた停留所(バス停)を経由しながら、時刻表通りに比較的短い区間を往復する大型の乗合自動車」だと思います。通勤や通学のために駅に向かったり、病院や公共機関などへ行くために利用する“日常の足”、そ...
A1180 013965

海外と日本では文化や法律、習慣、治安状態などに大きな違いがあります。海外でバスを利用する際には、その部分に十分に注意を払いましょう。「郷に入れば郷に従え」ですからね。

バスはその国の人々の“日常の足”ですから世界的に見てみると日本のように鉄道が国内全土に整備された国は意外と少なく、大半の地域はバスが移動手段の主役となっています。バスは鉄道のように線路を敷く必要がなく、道路さえあれば運行可能ですからね。そのため海外に行った際に現地の長距離バスや路線バスを利用すると、その国のすみずみまで安価に移動することができ、人々の息づかいまで肌で感じることができるでしょう...
Vcub9h5wg66d6d

佐保路の「海龍王寺」は奈良時代に光明皇后が創建した古寺であり、ご本尊の「十一面観音立像」は誰もが魅せられてしまう素敵な観音様なのです。

光明皇后創建の古寺には渡航安全のご利益が在原業平ゆかりの不退寺から宇和奈辺古墳を経由して20分ほど歩くと、“佐保路の三観音”のひとつである「海龍王寺(かいりゅうおうじ)」に到着します。バスであれば、JRや近鉄の奈良駅から奈良交通バス「西大寺駅行」もしくは「航空自衛隊行」に乗って「法華寺バス停」で下車、そこからすぐのところにあります。

海龍王寺の境内からは飛鳥時代~奈良時代前期の古瓦が出土し...