那覇市立病院前。沖縄県那覇市首里末吉町。

バス停まっぷ

那覇市立病院前

なはしりつびょういんまえ
系統
糸満西原線(末吉経由)
所在地
沖縄県那覇市首里末吉町
事業者
那覇バス(株)
分類
民間バス
最寄駅
最寄のバス停

バス停に関して名称や位置などの誤りを発見された場合は、報告フォームよりご連絡をお願いします。

内容をご確認ください

以下の内容で送信します。

よろしければ、OKボタンを押して下さい。

対象のバス停
那覇市立病院前 系統:糸満西原線(末吉経由)
連絡内容

送信完了

ご連絡ありがとうございます。

頂いた内容には必ずスタッフが目を通します。個々のご意見に返信できないことを予めご了承ください。

返信が必要な場合は右上のお問い合わせフォームからご連絡ください。

周辺ガイド 周辺情報はこちらから
A1180 013965

海外と日本では文化や法律、習慣、治安状態などに大きな違いがあります。海外でバスを利用する際には、その部分に十分に注意を払いましょう。「郷に入れば郷に従え」ですからね。

バスはその国の人々の“日常の足”ですから世界的に見てみると日本のように鉄道が国内全土に整備された国は意外と少なく、大半の地域はバスが移動手段の主役となっています。バスは鉄道のように線路を敷く必要がなく、道路さえあれば運行可能ですからね。そのため海外に行った際に現地の長距離バスや路線バスを利用すると、その国のすみずみまで安価に移動することができ、人々の息づかいまで肌で感じることができるでしょう...
Eb2dbojxzud1yg

今から1400年前に日本の政治と文化の中心地だった飛鳥の地からは、古代ロマンあふれる遺構や遺物が発掘されます。そのような貴重な遺産を保存し、展示、解説しているのが「飛鳥資料館」です。

飛鳥の地には貴重な古代遺産が眠っている593年に推古天皇が明日香村豊浦の向原寺付近にあったとされる豊浦宮で即位し、694年に橿原市醍醐町付近の藤原京に遷都されるまでの約100年間、飛鳥(明日香村)の地には天皇の宮殿や豪族の邸宅などが置かれました。飛鳥が日本の政治と文化の中心地となり、国家としての日本がここから動き始めたのです。この時代は朝鮮半島の百済や高句麗を経由して中国大陸の隋や唐、さらに...
D5eb9788ca9e2b64b88390d71a38e918 s

毎朝の通勤ラッシュは辛いですよね。長時間満員電車に揺られたら、それだけで疲労困憊ですもの。でも「通勤高速バス」なら乗り換えの手間なく、快適に座って通勤できるんですよ。

郊外の住まいと都心部の勤務地を直結「通勤高速バス」とはその名の通り、早朝の通勤時間に高速道路を経由して、“住まいである郊外のベッドタウン”と“勤務地である都心部”をダイレクトに結ぶバスのことです。古くは1970年代にも運行されていたようですが、当時の高速道路事情では渋滞を回避できず、数年ほどで消滅してしまいました。しかし、最近になって再び運行されるようになってきています。

なぜ最近になって...