第二ゲート前。沖縄県那覇市高良(字)。

バス停まっぷ

第二ゲート前

だいにげーとまえ
系統
石嶺(開南)線
所在地
沖縄県那覇市高良(字)
事業者
那覇バス(株)
分類
民間バス
バス路線

第二ゲート前を通るバス路線

最寄駅
赤嶺駅(200m) 小禄駅(0.9km) 奥武山公園駅(1.8km)
最寄のバス停

バス停に関して名称や位置などの誤りを発見された場合は、報告フォームよりご連絡をお願いします。

内容をご確認ください

以下の内容で送信します。

よろしければ、OKボタンを押して下さい。

対象のバス停
第二ゲート前 系統:石嶺(開南)線
連絡内容

送信完了

ご連絡ありがとうございます。

頂いた内容には必ずスタッフが目を通します。個々のご意見に返信できないことを予めご了承ください。

返信が必要な場合は右上のお問い合わせフォームからご連絡ください。

周辺ガイド 周辺情報はこちらから
A0006 000433

私たちが“日常の足”として街の中で利用する「路線バス」。でもそれだけが路線バスの全てではないのです。今回は路線バスの定義について確認してみましょう。

路線バスといったら“日常の足”ですよね「路線バス」と聞くと、皆さんはどんなものを思い浮かべますか? おそらく誰もがイメージするのは「一般道路を事前に定められたルート(路線)に従って、これまた事前に設けられた停留所(バス停)を経由しながら、時刻表通りに比較的短い区間を往復する大型の乗合自動車」だと思います。通勤や通学のために駅に向かったり、病院や公共機関などへ行くために利用する“日常の足”、そ...
A1180 006231

日本は鉄道や地下鉄が発達していますから、バスは移動手段の脇役的存在となっています。でも、鉄道が整備しきれていない東南アジア諸国では、バスこそが陸上交通の主役なのです。

東南アジア諸国の交通手段の主力はバスです著しい経済発展によって活気に満ち溢れている東南アジア諸国ですが、まだまだ鉄道は整備しきれておらず、都市内でも都市間でも移動はバスが主力となっている国がほとんどです。バスこそが一般庶民の“日常の足”であり、国土の隅々まで路線網ができあがっていますから、その点では日本よりも充実していると言えるかもしれません。それでは東南アジアのいくつかの国々のバス事情をご...
Rjcsrpz8yurwnj

飛鳥時代の呪術者である役行者が、修業を重ねて修験道の基礎を築いた「吉野山」。ユネスコの世界遺産にも登録された霊場ですが、春には約3万本の “日本一の桜”が全山を美しく染め上げます。

飛鳥時代に開かれた修験道の霊場奈良県の中央部、吉野郡吉野町を流れる吉野川(紀の川)の南岸から大峰連山へと続く、約8kmの尾根一体が「吉野山(よしのやま)」です。飛鳥時代の呪術者で修験道(*注1)の開祖とされる役行者(えんのぎょうじゃ:伝634年~伝701年)が、ここ吉野の金峯山で1000日にわたる修業を重ね、この地に蔵王権現をご本尊とする「金峯山寺(きんぷせんじ)」や修行道である「大峯奥駈道...