古川駅前。宮城県大崎市古川駅前大通。

バス停まっぷ

古川駅前

ふるかわえきまえ
系統
鳴子線
所在地
宮城県大崎市古川駅前大通
事業者
大崎市
分類
コミュニティバス
最寄駅
古川駅(100m)
最寄のバス停

バス停に関して名称や位置などの誤りを発見された場合は、報告フォームよりご連絡をお願いします。

内容をご確認ください

以下の内容で送信します。

よろしければ、OKボタンを押して下さい。

対象のバス停
古川駅前 系統:鳴子線
連絡内容

送信完了

ご連絡ありがとうございます。

頂いた内容には必ずスタッフが目を通します。個々のご意見に返信できないことを予めご了承ください。

返信が必要な場合は右上のお問い合わせフォームからご連絡ください。

周辺ガイド 周辺情報はこちらから
N1306723761

路線バスは“環境に優しい乗り物”ですが、化石燃料を使用している以上は排気ガスを大気中に放出してしまいます。そこでバス事業者とバスメーカーは様々な環境対策を車両に施しているのです。

バスは“環境に優しい乗り物”ではありますが「路線バスに乗るよりも自家用車で外出した方が快適だし楽チン!」という人は多いですよね。でも路線バスと自動車の乗車定員には大きな差がありますから、乗員一人当たりのCO2(二酸化炭素)排出量を見ると、バスの48g/kmに対して自動車は3倍以上の165g/kmにもなります。つまりバスは“環境に優しい乗り物”ということができるわけです。

しかし、路線バスも...
A0016 000310

自治体が運行に関与するコミュニティバスには、中型以下の小さな車両が用いられるのが一般的です。その理由についてお話します。

もはやポピュラーな乗り物ですよね「コミュニティバス」という言葉も随分と世間に認知されるようになりました。地域住民の移動手段を確保するために自治体などがその運行に関与するコミュニティバスは、1995年(平成7年)に東京都武蔵野市が始めた「ムーバス」の成功事例を受けて、今では全国各地の自治体で運行されるようになっています。皆さんの中でもコミュニティバスを利用した経験のある方は多いのではないでしょ...
A1180 013965

海外と日本では文化や法律、習慣、治安状態などに大きな違いがあります。海外でバスを利用する際には、その部分に十分に注意を払いましょう。「郷に入れば郷に従え」ですからね。

バスはその国の人々の“日常の足”ですから世界的に見てみると日本のように鉄道が国内全土に整備された国は意外と少なく、大半の地域はバスが移動手段の主役となっています。バスは鉄道のように線路を敷く必要がなく、道路さえあれば運行可能ですからね。そのため海外に行った際に現地の長距離バスや路線バスを利用すると、その国のすみずみまで安価に移動することができ、人々の息づかいまで肌で感じることができるでしょう...