観光地で増えている「観光用循環バス」とは

2014年09月18日

観光地で増えている「観光用循環バス」とは

観光地で増えている「観光用循環バス」とは

観光地に行くと昔懐かしいボンネットバスや、レトロ調にデザインされたバスを見かけることがあります。あれは「観光用循環バス」といって、観光地の旅にはとても便利なバスなんです。

少しでも多くの場所に足を運びたいのですが

観光地への旅はとても楽しいものです。しかし、観光地にはいくつもの観光スポットがありますから、「どこを見に行くか」で悩んでしまいませんか? せっかく来たのですから、少しでも多くの場所に足を運びたいものの、徒歩で回るのは時間がかかりますし、体力的にもちょっと大変です。タクシーで移動するのもありですが、こちらは金銭的な問題が生じてしまいます。

「観光用循環バス」を利用しましょう

でも、ご安心ください。最近の主要な観光地では、「観光用循環バス」が運行されているケースが増えてきています。観光用循環バスとは、観光地の中に点在する観光スポットを巡るルートを作り、それをぐるりと回る路線バスのことです。多くの場合で鉄道駅が基点となりますが、始点と終点が決まっているわけではなく、ルート上のバス停のどこでも自由に乗り降りが可能です。

「1日乗車券」なら超お得

運賃は、1回の乗車で100円~300円程度です。ただし、ほとんどの観光用循環バスには500円~800円の「1日乗車券」が発行されていますから、これを購入すれば1日中乗り放題となります。さらに1日乗車券には、観光施設の入場料や食事、土産物などの割引特典が付いていることも多いようです。観光地によってはボンネットバスやレトロ調にデザインされた車両を運行させていたりするので、乗るだけでも楽しむことができますよ。

全国の様々な観光地で走っています

それでは全国の観光用循環バスをいくつか挙げてみましょう。運賃は大人料金、運行や運賃は中止・変更になる場合があることをご了承ください。

札 幌…「さっぽろ散策バス(1乗車200円/1日乗車750円)」他
仙 台…「るーぷる仙台(1乗車250円/1日乗車600円)」他
東 京…「丸の内シャトル(無料)」他
横 浜…「あかいくつ(1乗車100円/1日乗車500円)」
日 光…「世界遺産めぐり循環バス(1日乗車のみ500円)」
新 潟…「新潟市観光循環バス(1乗車200円/1日乗車500円)」
名古屋…「メーグル(1乗車200円/1日乗車600円)」
金 沢…「城下まち 金沢周遊号(1乗車200円/1日乗車500円)」
京 都…「洛バス 100系統(1乗車220円/1日乗車500円)」他
奈 良…「バンビーナ(1乗車200円/1日乗車500円)」他
倉 敷…「尾道好きっぷライン(1乗車190円/1日乗車500円)」
広 島…「ひろしまめいぷるーぷ(1乗車200円/1日乗車400円)」
博 多…「福岡シティループバス(1乗車250円/1日乗車700円)」他
長 崎…「コミュニティバス らんらん(1乗車120円/1日乗車300円)」
那 覇…「ゆいゆい号(1乗車230円/1日乗車660円)」

これらはほんの一例であって、全国の様々な観光地で観光用循環バスは走っています。時間をかけずに観光スポットを移動できて、お金もかからず、特典まで付いちゃう観光用循環バスを、観光地の旅で利用しない手はありませんぞ。