旭山動物園行くなら北海道リゾートライナーが便利です!

2015年06月01日

旭山動物園行くなら北海道リゾートライナーが便利です!

旭山動物園行くなら北海道リゾートライナーが便利です!

日本最北の動物園である「旭山動物園」は、今や日本で一番人気がある動物園と言っても過言ではありません。そんな素敵な動物園に行くなら「北海道リゾートライナー」が便利です。

動物園としての人気は国内No.1!

今や北海道のメジャーな観光スポットとして定着しているのが「旭山動物園」です。日本最北の動物園であるにもかかわらず、2012年度、2013年度ともに年間入園者数は160万人を超えているんですよ。これは東京都の恩賜上野動物園、名古屋市の東山動物園に次ぐ第3位ですが、上位の2園は大都市にあって、ジャイアントパンダやコアラなどの集客力の高い動物を有しています。そう考えると旭山動物園の入園者数が驚異的であることが分かります。海外からの観光客も多く、動物園としての人気は国内No.1と言っても過言ではないでしょう。

旭山動物園と言えば「行動展示」

もともとは地方都市にあるごく普通の動物園で、平成8年(1996年)には年間入園者数が約26万人にまで落ち込んでいた旭山動物園。それがここまで成長したのは、平成9年(1997年)から始まった「行動展示」を実現する施設づくりによるところが大きいと言われています。

一般的な動物園では柵やオリの中に動物を入れて、それを外から見物します。つまり“動物を見る”ということだけに焦点を当てているわけですね。このスタイルは「形態展示」と呼ばれているのですが、旭山動物園は他に先駆けて“動物が自然界でどのように行動しているのかを観察する”というスタイルを取り入れました。これが「行動展示」です。

当然、行動展示を実現させるためには施設に工夫を凝らさねければなりませんし、動物たちの世話をする飼育員たちの負担も高くなります。だからこそ動物たちへの深い愛情が伝わりますし、動物たちも生き生きとしています。これが旭山動物園の魅力であって、多くの人々を引きつける要因に違いありません。

北海道リゾートライナーが便利です

こんな素敵な動物園に行くなら、北海道アクセスネットワーク株式会社が運行する観光バスの「北海道リゾートライナー」を利用してみてはいかがでしょうか。北海道リゾートライナーにはいろいろなコースがあり、その中の「札幌発 旭山動物園1DAYピクニック号」は朝に札幌地区の各ホテルを回って利用客を乗せ、3時間ほどで動物園に到着します。そして日中は園内で楽しみ、夕方から夜にホテルへ戻ります。料金は動物園の入園券も付いて4,950円(3歳以上中学生以下3,950円)となっています。

札幌駅から鉄道で旭川駅まで行き(約1時間20分)、そこから路線バス(約40分)に乗る手段もあります。でも観光バスならホテルからゆったり座って行けますから、体力的にも余裕が生まれますよね。その分、動物園を楽しみ尽くせるってわけです。つまり、旭山動物園行くなら北海道リゾートライナーが便利!ってことなんです。

北海道アクセスネットワーク「北海道リゾートライナー」

※ご紹介している情報は記事執筆日現在のものです。バスの運行サービスや販売グッズなどは変更になる場合があります。最新の情報はバス運営各社の公式サイトでご確認ください。