通勤定期券でお得! 福島交通の休日が百円で楽しめるバスの旅

2015年06月15日

通勤定期券でお得! 福島交通の休日が百円で楽しめるバスの旅

通勤定期券でお得! 福島交通の休日が百円で楽しめるバスの旅

通勤定期券を持っていれば休日に格安の運賃で路線バスを利用できる「環境定期券」。福島交通では専用のウェブサイトを作って、休日を100円で楽しめる“バスの旅のモデルコース”を紹介しています。

多くのバス会社に「環境定期券」がある

皆さんは「環境定期券(エコ定期券)」というものをご存知でしょうか。もちろん「環境定期」という特別の定期券が発行されているわけではありませんよ。普段使っている路線バスの定期券を提示することで、本人だけでなくその家族まで格安の運賃で路線バスを利用することができる制度のことです。

この制度を利用できるのは、一般的に土日・祝日・年末年始などの土曜休日ダイヤ実施日に限り、利用可能な定期券も通勤定期券のみという場合が多いようです。それでも定期券の区間外を100円程度で利用できますから、とてもお得なサービスですね。1997年(平成9年)に神奈川県の神奈川中央交通が始めたこの制度、現在では都市部のバス会社の多くが採用しています。

狙いは環境への負荷を軽減させること

この制度の狙いは、休日に路線バスの利用を促進することで自家用車の使用を控えてもらい、渋滞緩和やCO2、NOxなどの増加による環境への負荷を低減させることです。そこで豊かな自然と重要な史跡を持つ歴史都市が数多く存在する福島県でバス事業を営む「福島交通」も、土日祝日には通勤定期保持者本人と同居家族が定期区間外でも1乗車あたり100円(小児50円)で利用できる「休日100円サービス」を行っています。降車時に定期券を提示して同乗者の有無を申告すればOKで、同乗者の人数制限や乗車区間の制限はありません。

“旅のモデルコース”まで提供する福島交通

福島交通の休日100円サービスは、制度的には他社の環境定期券と特段に差異はありません。でも福島交通が優れているのは、自社のウェブサイトにこの制度の専用ページを作り、その中で「休日を100円で楽しめるバスの旅 -休日100円サービスの旅-」として、100を超える“旅のモデルコース”を紹介している点です。

これが非常に良く出来ていて、モデルコースは「温泉を探す」「食を楽しむ」「体験・遊び」「歴史・文化を知る」の4つのカテゴリーに分かれており、各モデルコースにはコース説明、行程、バスの時刻表などがきちんと掲載されています。さらに地図上から目的の地域を選ぶと、その地域のモデルコースが選び出されるようにもなっています。

「休日は100円でバスを利用できますから、自家用車は使わないでバスでどこかに行ってくださいね~」と言われても、いざ行くとなると「どこに行けば良いのか」「そこに行くにはどの路線で何時のバスに乗れば良いのか」など、事前の計画はなかなか面倒なものです。環境定期券の制度を採用しているすべてのバス会社が、この福島交通のようなサービスを提供してくれると助かりますよね。そうすれば休日の路線バス利用率は、全国的にどんどん向上していくことと思います。



※ご紹介している情報は記事執筆日現在のものです。バスの運行サービスや販売グッズなどは変更になる場合があります。最新の情報はバス運営各社の公式サイトでご確認ください。