都バスで東京再発見!【草39系統】でディープな下町を味わう

2016年12月26日

都バスで東京再発見!【草39系統】でディープな下町を味わう

都バスで東京再発見!【草39系統】でディープな下町を味わう

都営バスの路線沿線を紹介する「都バスで東京再発見!」。今回は葛飾区の金町駅前と台東区の上野松坂屋前とを結ぶ「草39系統」です。沿線には古き良き昭和の面影と現在が共存していますよ。

「草39系統」の概要

「草39系統」は東京の北東端の金町駅から水戸街道を経由して上野の松坂屋前までを結ぶ、全長12kmを超える長距離路線です。ただし、便数の多いのは金町駅前~浅草寿町までで、浅草寿町~上野松坂屋前間の運行は午前11時~午後2時に9本だけ、それも平日のみの運行となっています。沿線の葛飾区、墨田区、台東区は古くからのディープな下町で、今も細い路地が残り、活気と人情味にあふれる商店街など、古き良き昭和の面影と現在が共存する素敵なエリアです。今度の休日は草39系統に乗って、下町散策を楽しんでみてはいかがでしょうか。

停車バス停一覧

01.金町駅前 → 02.金町二丁目 → 03.新宿郵便局前(葛飾区)→ 04.亀有警察署前 → 05.新宿一丁目(葛飾区) →06.中川大橋 → 07.亀有新道入口 → 08.白鳥四丁目 → 09.白鳥一丁目 → 10.青戸車庫前 → 11.梅田小学校前 → 12.葛飾警察署前 → 13.四ッ木小学校前 → 14.四ッ木橋 → 15.四ッ木橋南詰 → 16.東向島六丁目 → 17.東向島五丁目 → 18.向島消防署前 → 19.東向島広小路 → 20.東向島一丁目 → 21.向島五丁目 → 22.向島二丁目 → 23.言問橋 → 24.本所吾妻橋 → 25.リバーピア吾妻橋前 → 26.浅草雷門 → 27.浅草一丁目 → 28.浅草寿町 → 29.菊屋橋 → 30.東上野六丁目 → 31.下谷神社前 → 32.上野駅前 → 33.上野公園山下 → 34.上野松坂屋前

◇ 「都バス一日乗車券」および「都バスIC一日乗車券」
23区内の都営バスを1日に限り何回でも乗車できます。大人500円/小児250円。都営バスの車内で当日購入可能です。

沿線の見どころスポット

● 柴又帝釈天(最寄りバス停:金町二丁目)
金町のある葛飾といえば、やっぱり映画「男はつらいよ」の舞台となった「柴又帝釈天」ですよね。参道には佃煮屋や草だんご屋などが立ち並び、歩いているだけで楽しくなってしまいます。



● 堀切菖蒲園(最寄りバス停:四ッ木橋)/向島百花園(最寄りバス停:東向島一丁目)
「堀切菖蒲園」は花菖蒲の名所として知られており、貴重な江戸系花菖蒲を中心に200種6000株が植えられています。見ごろは6月の中旬で、それにあわせてパレードなどのイベントが行われます。また、「向島百花園」も早春の梅と秋の萩が美しい江戸花園です。




● 鳩の街通り商店街(最寄りバス停:向島五丁目)
向島で90年近くの歴史を持つ「鳩の街通り商店街」は、昭和初期からのレトロなお店と木造長屋をリノベーションしたカフェなどが軒を連ねる個性的な商店街です。



● 牛嶋神社(最寄りバス停:言問橋)
発祥は860年(貞観2年)で昭和の初めに現在地へと移されました。境内には墨田区登録文化財の「撫牛(なでうし)」が祀られており、自分の具合の悪いところと同じ部分を撫でれば治癒するそうですよ。



● かっぱ橋道具街(最寄りバス停:菊屋橋)
食器、梱包材、調理器具、食品サンプル、看板、制服に至るまで、料理に関するものなら何でも揃う道具街です。プロの方はもちろんのこと、一般の方でも気軽に利用することができます。



● アメヤ横丁(最寄りバス停:上野公園山下)
上野の高架下および周辺に位置する「アメヤ横丁(通称:アメ横)」は、戦後の闇市から発展した東京を代表する商店街です。年末の買い出しの賑わいは有名ですよね。



● 下町風俗資料館(最寄りバス停:上野松坂屋前)
上野公園内の不忍池のほとりにある明治時代~昭和30年代頃までの下町の人々の暮らしぶりをテーマとした博物館です。1階部分は大正時代の下町の街並みを再現し、2階には昔の遊びが体験できるコーナーや銭湯の番台の再現などがありますよ。