都バスで東京再発見!【海01系統】江戸風情の下町から近未来の湾岸都市へ

2017年05月17日

都バスで東京再発見!【海01系統】江戸風情の下町から近未来の湾岸都市へ

都バスで東京再発見!【海01系統】江戸風情の下町から近未来の湾岸都市へ

都営バスの路線沿線を紹介する「都バスで東京再発見!」。今回は門前仲町と東京テレポート駅前を結ぶ「海01系統」です。江戸から近未来の東京まで駆け抜けるタイムマシンのような路線ですよ。

「海01系統」の概要

「海01系統」は江東区の門前仲町と臨海副都心の東京テレポート駅前を結ぶ路線です。門前仲町は富岡八幡宮の別当寺(神社を管理するために置かれた寺院)だった永代寺の門前町として、17世紀中頃から町屋(町人の住む店舗併設の都市型住宅)が形成されてきました。そのため、今も都内屈指の江戸情緒が残る街として知られています。そんな門前仲町バス停を出発すると、清澄通りから東京海洋大学キャンパスがある越中島を通り、近年の再開発によって高層マンションや大規模な複合商業施設が並ぶ豊洲へとバスは進みます。豊洲駅前バス停からは晴海通りに入って、こちらも超高層マンションが林立する東雲を抜け、巨大な屋根の有明コロシアムと有明テニスの森公園を左に見ながら橋を渡ると、人気の観光スポットであるお台場エリアに入ります。ここから新交通ゆりかもめと並走しながらテレコムセンター駅前まで走り、終点の東京テレポート駅前に到着します。江戸時代からの歴史ある下町の門前仲町、越中島エリアから、近未来の湾岸都市と言っても過言ではない臨海副都心エリアまで駆け抜ける海01系統。まるでタイムマシンのような路線ですね。

停車バス停一覧

01.門前仲町 → 02.越中島 → 03.東京海洋大学越中島校舎前 → 04.都立三商前 → 05.浜園橋 → 06.塩浜一丁目 → 07.枝川 → 08.豊洲四丁目 → 09.豊洲駅前 → 10.深川五中前 → 11.東雲橋交差点 → 12.東雲一丁目 → 13.深川車庫入口 → 14.東雲都橋 → 15.都橋住宅前 → 16.かえつ有明中高前 → 17.かえつ学園西 → 18.有明二丁目 → 19.有明コロシアム前 → 20.有明テニスの森 → 21.有明一丁目 → 22.お台場海浜公園駅前 → 23.台場二丁目 → 24.フジテレビ前 → 25.台場駅前 → 26.潮風公園入口 → 27.船の科学館駅前 → 28.日本科学未来館前 → 29.東京港湾合同庁舎前 → 30.テレコムセンター駅前 → 31.東京テレポート駅前

◇ 「都バス一日乗車券」および「都バスIC一日乗車券」
23区内の都営バスを1日に限り何回でも乗車できます。大人500円/小児250円。都営バスの車内で当日購入可能です。

沿線の見どころスポット

● 富岡八幡宮(最寄りバス停:門前仲町)
1627年(寛永4年)に創建された八幡神社で、八幡大神を尊崇した徳川将軍家の保護を受け、今も昔も変わらぬ信仰を集める“江戸最大の八幡様”です。伊能忠敬の銅像、深川七福神の恵比須社、日本一大きな黄金神輿、相撲力士の碑などたくさんの見どころがあり、スポーツなどの勝負運から恋愛運までさまざまなご利益をいただくことができます。



● アーバンドックららぽーと豊洲(最寄りバス停:豊洲駅前)
豊洲の再開発地区であるアーバンドック(旧石川島播磨重工業東京第一工場跡地)内に建設され、2006年(平成18年)に開業した大型ショッピングセンター。人気のセレクトショップやレストランなど約180店舗が集まり、12スクリーン/1,770席の「ユナイテッド・シネマ豊洲」、3~15歳の子供向け職業体験施設「キッザニア東京」などエンターテイメント施設も充実しています。



● 有明テニスの森公園(最寄りバス停:有明テニスの森)
48面のテニスコート、1万人を収容するセンターコートの「有明コロシアム」、芝生広場、ジョギングコース、遊歩道などで構成される都立公園で、日本のテニス競技の象徴的施設として知られています。



● デックス東京ビーチ(最寄りバス停:台場二丁目)
新交通ゆりかもめ開業(1995年)後のお台場エリアに出来た最初の大型複合商業施設で、アパレルショップやレストランはもちろんのこと、屋内型テーマパークの「東京ジョイポリス」「レゴランド・ディスカバリーセンター東京」「東京トリックアート迷宮館」「マダム・タッソー東京」、さらには「台場一丁目商店街」「お台場たこ焼きミュージアム」など、一日中楽しめる施設が満載です。



● アクアシティお台場(最寄りバス停:フジテレビ前)
2000年(平成12年)に開業した大型複合商業施設。約80店が集まったショッピングゾーンや臨海地区最大級のグルメゾーンなどで構成され、隣接するデックス東京ビーチとともにお台場エリアの一大ショッピングスポットとなっています。



● フジテレビ本社ビル(最寄りバス停:フジテレビ前)
上部に輝く球体展望室が象徴的なお台場エリアのランドマークです。1階の「シアターモール」、5階の「フジテレビワンダーストリート」、7階の「屋上庭園」、25階の球体展望室「はちたま」など、一般の人でも入ることのできる場所がたくさんあります。



● 潮風公園(最寄りバス停:潮風公園入口)
園内の海側は全て舗装された遊歩道となっていて、東京港全体から晴れた日には富士山まで望むことができます。バーベキューが可能なスペースもあり、その名の通り潮風を感じながらゆったりとした時を過ごせる臨海副都心のセントラルパークです。



● 日本科学未来館(最寄りバス停:日本科学未来館前)
科学の交流をコンセプトに、子供から大人まで楽しめる様々な展示が行われています。インタープリター(科学コミュニケーター)やボランティアの方々による展示解説もあり、館長は宇宙飛行士の毛利衛氏です。



● お台場パレットタウン(最寄りバス停:東京テレポート駅前)
お台場の青海エリア一帯にある複合施設で、世界最大級の高さ115m・一周16分の「パレットタウン大観覧車」、テーマパーク型ショッピングモールの「ヴィーナスフォート」、車をテーマにした体験型アミューズメントパークの「MEGA WEB」など、パレットに置かれた色の数のようにたくさんの個性的なスポットが点在する複合型商業施設です。