「JRバス」は全国に8社あります

2019年01月16日

「JRバス」は全国に8社あります

「JRバス」は全国に8社あります

かつての国鉄バスから事業継承したJR旅客鉄道会社6社の子会社が運行する「JRバス」は、全国に8社あります。各社の様々な特色をご紹介してみましょう。

「国鉄バス」からの「JRバス」です

「JRバス」とは、かつての日本国有鉄道(国鉄)が『鉄道予定線の先行(鉄道が完成するまでの暫定的な交通手段)』『鉄道線の代行(採算が見込めない鉄道の代わりとしての運行)』『鉄道線の培養(鉄道駅から離れた町と鉄道駅の連結や観光地の発展・振興)』『鉄道線の短絡(鉄道利用では遠回りとなる2駅間の連結)』を主目的として運行していた「国鉄バス」を、1987年(昭和62年)4月の分割民営化に際して事業継承したJR旅客鉄道会社6社の子会社が運行するバス事業者の総称です。

全国に8社あります

事業継承当初は各JR旅客鉄道会社(JR北海道、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR四国、JR九州)の直営でしたが、1988年(昭和63年)4月にJR東日本、JR東海、JR西日本の3社が子会社を設立してバス事業を分離、JR北海道、JR四国、JR九州もそれぞれ2000年(平成12年)、2004年(平成16年)、2001年(平成13年)にバス事業を分離・子会社化しました。

その結果、「ジェイ・アール北海道バス(親会社:JR北海道)」「ジェイアールバス東北(JR東日本)」「ジェイアールバス関東(JR東日本)」「ジェイアール東海バス(JR東海)」「西日本ジェイアールバス(JR西日本)」「中国ジェイアールバス(JR西日本)」「ジェイアール四国バス(JR四国)」「JR九州バス(JR九州)」の8社が全国に誕生したのです。

JRバスグループ8社の特色

JRバスはもともとが国鉄バスでしたから、継承した路線は先に述べた『先行・代行・培養・短絡』の性質を持っており、地域の路線バスを独占するようなものでもなく、最初から赤字路線が多数ありました。そのため沿線の過疎化が進んだ近年、一般路線バスは全体的に縮小・撤退の傾向となり、ジェイ・アール北海道バスを除く各社は都市間を結ぶ高速バス事業に力を注いでいます。以下に8社の特色をご紹介してみましょう。

● ジェイ・アール北海道バス(本社所在地:北海道札幌市西区)
「ジェイ」と「アール」の間に「・」が入るのが正式名称。一般路線バスから撤退傾向にあるJRバスの中で唯一、住宅地と都心部を結ぶ一般路線バスを事業の主体としています。特に札幌市内および近郊に基幹路線を持ち、2004年(平成16年)の札幌市営バスの事業廃止後はさらに市内路線が増えました。2017年(平成29年)現在、一般路線バス車両はJRバスグループで最も多い395台を保有しています。

● ジェイアールバス東北(:宮城県仙台市青葉区)
事業主体となるのは東北地方の各都市と首都圏を結ぶ路線を中心とした高速バスで、国鉄バスから受け継いだ一般路線バスも運行しています。東北新幹線E5系「はやぶさ」にカラーリングを合わせた「はやぶさカラーバス」が、青森駅~新青森駅~十和田湖などで走っています。

● ジェイアールバス関東(:東京都渋谷区代々木)
こちらも事業主体は高速バスで、東京駅とバスタ新宿をメインの発着拠点に関東地方・東北地方・中部地方・近畿地方・四国地方の各方面へ6,000kmを越える路線を持ち、2017年現在442台の車両を保有しています。一般路線バスは縮小傾向ですが、茨城県・栃木県・群馬県・千葉県の関東地方および、東北地方の福島県、中部地方の長野県の各一部地域で運行しています。

● ジェイアール東海バス(:愛知県名古屋市中川区)
2009年(平成21年)10月に一般路線バス事業から全面撤退し、現在では高速バス専業となっています。2017年4月にレゴランド・ジャパン(名古屋市港区金城ふ頭)が正式開業した後は、中部国際空港~金城ふ頭線など、レゴランド最寄りの金城ふ頭駅を発着する路線を増強しています。

● 西日本ジェイアールバス(:大阪府大阪市此花区)
神戸三宮・大阪駅・京都駅から東海・甲信越・関東方面、さらには中国・四国方面への高速バスを多数運行しています。また石川県金沢市にも支店および営業所があり、金沢・富山・福井などの北陸発着便も充実しています。一般路線バスも金沢・福井・京都で運行していますが、やはり主体は高速バス事業です。

● 中国ジェイアールバス(:広島県広島市南区)
一般路線バスは縮小傾向で、広島・東広島・山口・周防の3支店1支所の管内に集約されています。その一方で、高速バスは島根県・岡山県・広島県・山口県を拠点に首都圏・名古屋・関西・中国・四国・九州の各方面に路線網を持ち、中国地方と全国各地を結ぶ重要な交通機関となっています。

● ジェイアール四国バス(:香川県高松市浜ノ町)
一般路線バスは久万高原線(旧・松山高知急行線)と大栃線の2路線のみの運行で、事業主体はドル箱路線である京阪神地区~徳島・高松を始めとした高速バス事業です。国鉄バスが民営化された当時から貸切バス事業に力を入れていましたが、2017年9月を持って撤退しました。

● JR九州バス(:福岡県福岡市博多区)
JRバスグループ8社の中で唯一、「ジェイアール」ではなく「JR」と社名登記をアルファベットにしています。一般路線バスの運行は直方線・嬉野線・北薩線と福岡県宮若市のコミュニティバスのみで、博多バスターミナルを拠点とする高速バス事業が主体となっています。桜島周辺をめぐる定期観光バスも2路線運行。車両は真っ赤な塗装に「RED LINER」のロゴが入った美しいデザインです。